ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > コース紹介 > 総合政策学科 昼間主 観光まちづくりコース

総合政策学科 昼間主 観光まちづくりコース

印刷用ページを表示する 2012年6月29日 掲載

観光まちづくりコース

独自ホームページ

地域・観光まちづくりコースHP

コース教員

観光まちづくりコース 教員紹介

教育理念

  観光産業は21世紀のリーディング産業となる可能性を持ち、今後の地域の活性化のためには、観光産業を地域の基幹産業として育てていくことが重要な課題となっています。日本政府も観光立国を重要な国策として推進しています。これからの観光は名所旧跡等を見物するという従来型のそれではなく、地域の文化、くらし、歴史、伝統、景観などをまちづくりの中で再評価し、それを活かした「まちづくり型観光」を目指す必要があります。このためにも、国際的な視野から地域資源を発掘・再評価し、企画・コーデュネートできる人材を育成することが決定的に重要です。本コースは「観光まちづくり」における地域のリーダーを養成することを目指します。
 

教育目標

(1)観光に関する学際的な専門知識を持ち、観光政策を立案することができる。

(2)国際的な視野から、文化、暮らし、歴史、伝統、景観などの地域資源を発掘・再評価し、広く国内外に発信できる。

(3)豊かなコミュニケーション能力を持ち、住民主体のまちづくりをコーディネートできる。

(4)人を暖かく迎えるホスピタリティの精神を持つことができる。

カリキュラムの特徴

(1)観光は学際的なアプローチが必要な学問分野です。総合政策学科と人文学科が共同で設置する、学科を超えた特別コースとしての特徴を活かし、特に政策と文化という両視点から、観光について総合的に学ぶことができるカリキュラムを整備しています。

(2)観光はまちづくりの成果であるという基本認識から、住民主体のまちづくりの意義を正当に評価し、コーディネートできる人材を育成するためのカリキュラムを整備しています。

(3)観光は、地域をベースとした社会現象であるという点に鑑み、「地域を見る力、考える力、計画する力」を地域フィールドワークを通じて学ぶ実践教育を実施しています。

(4)人を暖かく迎える四国遍路の「お接待のこころ」を歴史的・文化的に評価し、ホスピタリティの真髄を学ぶカリキュラムを整備しています。

卒業後の進路

(1)観光関連産業(観光の企画や観光振興戦略を立案することができる人材)

(2)NPO(観光の発展を支えるNPOを自ら設立する人材、あるいはその運営に指導的な立場から参加することができる人)

(3)国や地方の公務員(地域の人々と協働しながら、観光政策を立案し、観光の発展に貢献できる人材)

(4)地域の発展に関わる民間企業(観光や地域振興という視点から民間企業において活躍できる人材)

kankokanko1