ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > コース紹介 > 総合政策学科 昼間主 地域コース

総合政策学科 昼間主 地域コース

印刷用ページを表示する 2012年6月29日 掲載

地域コース

独自ホームページ

 地域・観光まちづくりコース HP

コース教員

 地域コース 教員紹介

教育理念

 これからの時代は「地域(Region)」ということばが重要なキーワードとなって動いていきます。
 経済のグローバル化が進行し、ヒト、モノ、カネが国境を越えて自由に動き回るようになっています。経済のグローバル化は、一面ではいろいろな地域の同質性を高めていきますが、そうであるからこそ、それぞれの地域が固有の資源や文化を大切にしながら、独自の魅力を高め、地域レベルで世界のさまざまな地域と交流を深めることが重要になっています。このため、世界的に地方分権化が進められ、地域社会の自律的な発展が大きな課題となっています。地域が独自の魅力を高めるためには、地域に多様な人材が蓄積されることが重要な課題となります。
 本コースは、政策立案・分析能力を高めるリーダーとして、地域社会の発展に貢献することができる人材を育成することを目指します。

教育目標

(1)地域社会に関する種々の問題に対して、総合的な観点からアプローチし、分析・処理することができる。

(2)地域において新しい仕事を創造し、人々の利害を調整しながら、種々の政策や活動を立案することができる。

(3)地域の活動に主体的に参加し、地域におけるリーダーとして、地域社会の発展に貢献することができる。

カリキュラムの特徴

 tiiki 大学のキャンパス内だけではなく、「地域」を学びのキャンパスとして、地域のリーダーや地域に根ざした生活者達と交流を深めながら、生きた学びを追求します。

(1)フィールド重視の授業 

 地域の現場に出かけ、グループで議論をしながら問題を分析し、政策を立案する能力を養います。

(2)地域に主体的に参加する能力の育成

 地域のリーダーや地域に暮らす生活者と直接交流しながら、地域に主体的に参加する能力を養成します。

(3)プロジェクト方式の授業

 プロジェクト方式でグループを編成し、複数の担当教員が集団で指導します。

(4)地域に関連した科目の授業

 総合政策学科の授業科目だけではなく、人文学科や他学部の授業も受講し、地域に関連した事柄を幅広く学ぶことができます。

(5)地域創成研究センターとタイアップした授業

 地域創成研究センターに所属する教員が指導に当たり、同センターとタイアップした教育を行います。

卒業後の進路

  卒業後は、主に以下のような進路が考えられます。

(1)地域に密着した民間企業における戦略プランナー

(2)地域の発展を支えるNPOの設立、運営に関与する人

(3)地域の住民と協働しながら、地域の発展のために政策立案できる地方公務員・国家公務員

(4)地域の発展を支える、各種経済団体で活躍する人

chiiki1chiiki2